育毛剤には5種類のタイプがあると知った上で自分に合った製品を選ぼう

自分に合った育毛剤
抜け毛が気になってきたタイミングで使い始める育毛剤は、店頭に数多くの製品が並んでいるためにどれを使用したら良いのか最初は悩んでしまいます。

何も知らない状態では、育毛剤は髪の毛を育てるために使うものという1つの成果を狙った認識しかありません。

しかし、実際には次の5種類の作用のうちどれかを含んだ製品が育毛剤として販売されているわけです。

・血行促進タイプ
・頭皮の保湿を促すタイプ
・毛母細胞活性化タイプ
・男性ホルモン分泌抑制タイプ
・皮脂分泌量を抑制するタイプ

テレビCMで見掛ける育毛剤は、毛母細胞活性化タイプと血行促進タイプを組み合わせた製品が多く、選んだ育毛剤次第で使い方や育毛効果に大きな違いが表れます。

育毛剤を使用する際には、まず自分の頭皮の状態を分析する所から始めると良いです。全く見当がつかない状態ならば、育毛サロンの初回お試しコースを利用して頭皮の状態を確認してみると判断できます。

頭皮の状態を確認した上で、皮脂分泌量過多だと言われたら自分でその根拠を納得出来るまで確認した上で、皮脂分泌量を抑制するタイプの育毛剤を選べば良いです。

生え際や頭頂部の薄毛が気になる状態ならば、いわゆるM字ハゲと言われる状態か確認して男性ホルモン分泌抑制タイプの育毛剤を選べば良いと分かります。

男性ホルモンが過多になると、前頭葉や頭頂部でジヒドロテストステロンが増えてしまうと脱毛原因となりやすいです。亜鉛が含まれた男性ホルモン抑制タイプの育毛剤が必要になると判断出来ます。

頭皮が乾燥していて次々と皮膚が剥がれてしまう状態ならば、頭皮の保湿を促す育毛剤を使えば良いので比較的分かりやすいです。

5種類の育毛剤タイプのうち、多くの育毛剤は2~3種類の効果を含んだ製品を発売しているので、自分に合った育毛剤選びを行えます。

最初に頭皮の状態がどのタイプに該当するのかという点だけは、必ずチェックすることが大切です。合わない成分の育毛剤を使っても効果が薄いので、育毛剤選びは最初が肝心です。